少女論-恋についての考察-


メーカー:ぺぱーみんと

CV:斎賀みつき 長妻樹里

 

発売:2017年8月10日(木)

 

品番:PPMT-001

定価:2700円+税

収録時間:60分※予定

 

 

【ストーリー】

成績優秀スポーツ万能、明るい性格いつもクラスの中心にいる少女、新居ひなた。

なのにひなたは、いつも誰かの特別になりたいと心に空虚な孤独を抱えていた。

夏の始まり、ひなたの前に転校生椎木伊緒里が現れる。大人しく目立たないその少女に、何故か心が揺れる。

彼女と仲良くなりたいと思うのに、上手くいかないでいたある日。図書室の本の間にメモを挟んでおくという形でふたりの文通が始まった。文章の上での彼女は、驚くほど饒舌で――

少しずつ近づいてく、少女と少女の距離。

「恋? 違う、これは心の澱ね」

 

トラック1「夏と少女の到来」

トラック2「読みかけの本に託して」

トラック3「たった一度の思い出に」

トラック4「とても、会いたい」

トラック5「嵐、来る」

トラック6「不和、不調、不穏」

トラック7「いつかお姫様が」

トラック8「そして去って行く季節に」

トラック9「約束」

 


【キャラクター】

新居 ひなた(あらい ひなた)CV:斎賀みつき

 

年齢:17才(高校2年生) 誕生日:8月15日

身長:167㎝ 体重52㎏

血液型:B型 趣味:スポーツ全般、アウトドア全般

性格:

あけっぴろげでおおらか。誰からも好かれる。

その実、心に空洞を抱え、孤独を感じている。だからこそ、誰かの特別になりたいと思う。

男に興味を持てないながらも、いつか自分にも運命の人が現れるのではないかと思っていた。伊緒里を一目見た時、今まで感じなかった心の揺れを感じた。

 

「いつか自分の前にもお姫様が現れるって、信じてたんだ」

 

椎木 伊緒里(しいのき いおり)CV:長妻樹里

年齢17才(高校2年生) 誕生日12月30日

身長155㎝ 体重44㎏

血液型:A型 趣味:読書、小説を書くこと

性格:

大人しく内向的ながら、自分の中に確固たる世界を持っている。

初対面の人と話すのは得意ではなく、すぐに赤くなってしまう。人との接触は少ないが、拒絶しているわけではない。

何をするにも平凡な自分が嫌いで、誰からも好かれるひなたと距離を感じていた。意識をしているからこそ、知らず頑なになってしまう。

 

「別に、どうでもいいんです。ここは私の居場所じゃないんだから」


(アニメイト様特典SS)

「文学少女の1日」

椎木伊緒里、17才。恋に憧れ、いつか自分にも特別な日とが現れると……思ってはいない。

誰も彼もが凡庸で、つまらない。けれど、違う。それはそんな風にしか見えない自分がつまらない人間だということ。

そんな彼女が、転校先の女子校で女生徒同士の告白シーンを目撃する。

 

(ステラワース様特典SS)

「再会」

伊緒里との出会いから6年後。ひなたは空港で、6年ぶりに会う伊緒里を待っていた。

長い月日が経ち、伊緒里は自分のことにすぐ気づいてくれるだろうかと緊張する。

そして……ひなたは一目で伊緒里に気づく。けれど伊緒里は……?


 

 

 

企画・シナリオ:佐藤マーコ(エレファンテ)

キャラクターデザイン・イラスト:なおやみか